当法人について
診療案内
クリニックの特徴
企業・団体の方へ
採用情報
診療予約
こちら
診療予約
こちら
オンライン診療
こちら
オンライン診療
こちら
LINE公式
アカウント
LINE公式
アカウント
MEDICAL INFORMATION

診療案内

スターフィールドクリニック横浜は「安心、安全、快適な医療提供」「いつでも気軽に相談できる」「働く皆様を医療面でサポートしていく」内科・消化器内科クリニックです。
一般的な内科・消化器科の診療や、各種予防接種に加え、新型コロナウイルスPCR検査を含めた発熱外来、健康診断後の結果相談などにも柔軟に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

一般内科

対象となる主な症状

上記のような疾患は様々な自覚症状で始まる場合が多く、重大な病気の前兆である可能性があります。当クリニックではあらゆる可能性を考慮し、その状況に対してわかりやすい説明を行い、健康で快適な生活に早く戻れるよう支援します。「ちょっと気になる程度だけど」といった小さな症状であってもご連絡ください。精密検査が必要な場合は、専門の大学病院などを迅速にご紹介できますので、お気軽にご相談ください。

予防接種・各種検査

当クリニックでは、新型コロナウイルスワクチン(個別接種)、インフルエンザワクチンの予防接種対応を行っております。また、自費接種では、おたふく(ムンプス)ワクチン、日本脳炎などの任意予防接種もあります。
その他、睡眠時無呼吸症候群検査や感染症抗体検査等も行っておりますのでお気軽にご相談ください。
 
 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査及びCPAP治療

・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査及び、CPAP治療が保険診療にて行うことが可能です

・SASは睡眠の質や日中のパフォーマンス低下、運転業務の事故などにもつながる危険性の高い疾患です

・「いびき」「日中の異常な眠気」などでお悩みな方は、SASのリスクが高いと考えられるので、お気軽にご相談ください

<CPAP治療とは>

持続陽圧呼吸療法(CPAP)は、鼻に装着したマスクから送り込んだ空気の圧で空気の通り道を確保する治療です。

患者さんに適した空気圧を設定することで、睡眠中に気道が塞がれるのを防ぎ、呼吸がスムーズにできるようになります。

睡眠時無呼吸症候群の検査/治療につきましては、下記をご参照ください。

https://www.sleepzone.co.jp/patient/index.php

実際の検査/治療の流れなどは、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

検査・治療のご相談はこちら

新型コロナウィルスワクチン(ファイザー社製)

横浜市認定医療機関に指定されており、横浜市民の方向けに個別接種をしております。当クリニックでは、12歳以上から接種が可能です。

※ご予約は、横浜市のワクチン専用サイトからお願いします

予防接種後の副反応について

まれにショックやアナフィラキシー様(蕁麻疹、呼吸困難、血管浮腫等)が現れることがあります
注射部位が硬くなったり、発赤・痛みが生じることがあります

その他の注意事項

接種当日は飲酒・激しい運動・夜ふかしをせず、安静を守るように努めてください
入浴しても大丈夫ですが、注射部位を強く刺激しないでください
注射部位は清潔を保ってください

ワクチン接種時にあたりお持ちいただくもの

・コロナウイルスワクチン接種券
・予診票
・本人確認書類(保険証)

トラベル外来 (海外渡航時の予防接種や英文診断書作成)

海外留学や海外転勤など、長期間海外へ渡航する場合、外務省・厚生労働省より、様々な予防接種が強く推奨されております。
当院ではトラベル外来として、海外渡航や赴任者の予防接種や英文診断書作成を行っています。
(下記の表以外のワクチンについてもお気軽にご相談ください)
(ワクチンにつきまして、流通などの問題もあり出来ましたら1週間前にはご連絡いただけますようお願いいたします)
 例:
●タイ、カンボジア、インドネシア、ベトナム、フィリピンなど短期渡航(1回のみ旅行や出張の場合):
推奨ワクチン>麻疹・風疹、おたふく、水痘、A型肝炎(+腸チフス)
●長期渡航(1ヶ月以上の滞在、今後も繰り返し渡航する場合):
推奨ワクチン>麻疹・風疹、おたふく、水痘、A型肝炎 (+腸チフス)、日本脳炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風                                                    
出典:厚生労働省検疫所  https://www.forth.go.jp/index.html

費用(英文診断書作成)

5,500円(税込) *母子手帳などをご持参頂き、参考の上作成いたします

当院で対応可能な予防接種(ワクチン)

生ワクチン *費用は税込
MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン) 10,000円
風疹ワクチン 6,000円
おたふく(ムンプス)ワクチン 5,500円
水痘・帯状疱疹ワクチン 9,500円
※風疹単体ワクチンは出荷制限により入荷しないことがございます
不活化ワクチン・トキソイド *費用は税込
日本脳炎ワクチン 6,600円
A型肝炎ワクチン 9,500円
B型肝炎ワクチン 4,800円
破傷風トキソイド 4,800円
インフルエンザワクチン 3,500円
狂犬病ワクチン 19,000円

その他の注意事項

接種当日は飲酒・激しい運動・夜ふかしをせず、安静を守るように努めてください
入浴しても大丈夫ですが、注射部位を強く刺激しないでください
注射部位は清潔を保ってください
トラベル外来のご予約はこちら

感染症抗体検査/STD(性感染症)検査

自費診療による感染症抗体検査/STD(性感染症)検査が可能です。
(すべて血液検査になります)

<感染症抗体検査>

医療/福祉の実習前・就職前や妊活前の方などにお勧めな検査です。COVID-19抗体検査では、COVID-19ワクチン接種後や感染後の方が現在の抗体価を把握することができます。また、麻疹/風疹水痘/ムンプス (おたふく)/B型肝炎に関しては、抗体価が低い場合、引き続きワクチンの接種も可能です。

風疹: 3,000円(税込)
麻疹: 3,000円(税込)
水痘: 3,000円(税込)
ムンプス (おたふく): 3,000円(税込)
COVID-19抗体: 5,500円(税込)‍

<STD (性感染症)>

症状の出にくいSTD(性感染症)として有名な、HIV/梅毒/B型肝炎抗体検査が可能となります。
HIV検査 (陰性証明書込み) : 5,500円(税込)
血液検査でHIVの抗原抗体を検査し、感染の有無を調べます。
梅毒 (TPHA+RPR): 3,000円(税込)
血液検査で梅毒( TPHA+RPR)を検出します。近年感染が拡大しており、感染の可能性がある日から6週間後から検出が可能です。
B型肝炎ウイルス (HBs抗原+HBs抗体): 5,000円(税込)
急性/慢性肝炎や肝硬変/肝臓がんの原因となりうるB型肝炎ウイルスについて、感染状態を表すHBs抗原と抗体価であるHBs抗体を両方検査できます。‍

<感染症検査セット>

4種抗体検査 (麻疹/風疹/水痘/ムンプス): 10,000円(税込)
STDセット (HIV+梅毒+HBs抗原): 10,500円(税込)
肝炎(B+C)ウイルスセット(HBs抗体+HCV抗体: 6500円(税込)

検査のご予約はこちら

プラセンタ注射/ビタミン注射

保険診療では難しい、ビタミン(にんにく)注射、プラセンタ注射(ラエンネック/メルスモン)も自費診療にて対応可能です。

ビタミン注射

にんにく/ビタミン注射は、人の健康に欠かせないビタミンB群を、注射によって直接血管に届けます。医療機関でしか投与できず、飲み薬やサプリメントよりも即効性があると言われております。重要な仕事を控えた方や、今すぐ疲労回復したい人、二日酔いの方や、ダルさにお悩みの方に最適と言われております。

自費診療 費用
にんにく注射  1,000円/回 (税込)
にんにく+ビタミンBコンプレックス注射   2,500円/回 (税込)

プラセンタ(ラエンネック/メルスモン)注射

プラセンタ(ラエンネック/メルスモン)注射は、感染のない健康なヒト胎盤を原料とし、多種アミノ酸を含有しています。組織呼吸促進作用、創傷治療促進作用、抗疲労作用などの報告があり、アンチエイジング効果や疲れをとる効果が期待されます。当院では、ラエンネック/メルスモンどちらもご用意しております。
(製造にあたっては酸で加水分解し、最終滅菌(121℃ 30分間)するなど、感染症に対する安全対策を講じられており、これまで細菌やウイルス等による感染の報告はありません。)
自費診療 費用
プラセンタ注射 (ラエンネック/メルスモン)  1,750円/回(税込)

*プラセンタ注射/ビタミン注射のご予約は、「診療予約」の「内科全般/自費注射」枠からご予約ください*

ワクチンのご予約はこちら

花粉症治療 (保険適応)

非特異的減感作療法:ヒスタグロビン注射

花粉症の原因は、花粉に対するアレルギー反応であり、ヒスタグロビンは、体内でアレルギー反応をおこす「ヒスタミン」に対する抗体です。ヒスタミンを抑え込む作用を有し、アレルギー反応によってヒスタミンが増加しても、アレルギー症状を抑える事ができます。また、ステロイド注射とは異なり、副作用が極めて少ないことが特徴です。花粉症はもちろんのこと、ハウスダストなどの各種アレルギー等に効果的です。
ヒスタグロビン注射は、週1から2回のヒスタグロビンの皮下注射を行い、合計6回を1クールとします。最初の1クールで効果が現れる方は一旦様子を見ますが、効果があまり得られない方や効果が持続しない方は必要に応じて2クール目の治療を行います。合計6回の注射を行うことできちんとした効果効能が期待されます。花粉症でヒスタグロビン注射をお考えの方はシーズンが始まる1ヶ月ほど前に始められることをおすすめします。
副作用:眠気、めまい、頭痛、嘔吐といった副作用が稀に起こることがあります。

注射実施できない方

月経前、月経中の方
妊娠中の方
症状を悪化させる恐れがあるため、喘息の激しい発作がある方
体力の低下が激しく、衰弱している方
花粉症治療のご予約はこちら

オンライン診療

オンライン診療とは、スマートフォンなどの端末で診察やお薬の処方を受けることができる新しい診療方式です。当クリニックでは「LINEドクター」を導入しており、お手持ちのスマホからLINEを利用して初診から受診できます。クリニックで受診しなくても診療・お薬の処方が可能です(ご自宅や職場の近くの薬局でお薬を受け取れます。また、翌日以降になりますが、ご自宅に配送もできます)。

※LINEドクターはLINEアプリ上で診察の予約、ビデオ通話での診療、決済を完結することができる診療サービスです
※導入間もないため、ご不便をおかけする可能性がございます。ご不明点はお問い合わせいただけますようよろしくお願いします

LINEドクターはこちら

産業医

社員数が50名以上の事業所では、産業医の選任が「必須」となっています。当クリニックではスタートアップから東証一部上場まで様々な規模、業種業態の企業における産業医経験を有する産業医と多数提携しており、各企業様、社員の方のニーズに寄り添いながら、ヘルスケア・産業医の観点から、働く皆様の労働環境の改善・生産性向上・社員満足度の向上などのサポートをしています。

企業・団体の方へ